潰瘍性大腸炎・クローン病治療薬のジェネリックについて

1月からは難病制度が新制度に換わり、認定されたとしても薬代が自己負担(2割)になってしまうようなので 私もいろいろ調べてみたのですが、「ペンタサ錠」と「メサラジン錠」(ジェネリック)は成分は一緒(5-アミノサリチル酸)ですが、薬の大きさが違う(コーティングが微妙に違う?)ようです。
UCの薬は大腸までしっかり届くことが重要なので、一般の薬(胃で溶ける)よりも、コーティングの意義は大きいですよね。(医者からもそう言われました。だからジェネリックの効き目は保証できないよ、と。)

ひと月分の薬価は、私の場合は1日3000mg(6錠)なので、
・ペンタサ錠:98.4円×6錠×30日=17712円。認定されて2割負担なら3542円。認定されず3割負担なら5314円。
・メサラジン錠:59.3円×6錠×30日=10674円。認定されて2割負担なら2135円。認定されず3割負担なら3202円。
になります。
私は比較的軽度なので今回は認定されない恐れがあり、その場合はジェネリックにすることで月2000円以上の節約になります。

現時点での私なりの結論は…ジェネリックにするよりも、UCの状態をもっと良くして薬の量を減らすことを目標にしたいと思っています。
薬の量が1日1500mgまで減らせれば、ペンタサのままでも薬代は半額(3割負担なら月2657円の節約)になりますからね。

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ニイヌマシンジ

Author:ニイヌマシンジ
--
投資歴14年目。FX歴10年目。
理系サラリーマン(メーカーの研究職;生物系)です。

【過去の成績】

2017年7月: +8.2 万円
2017年6月: +4.6 万円
2017年5月: +3.5 万円
2017年4月: +2.1 万円
2017年3月: +2.4 万円
2017年2月: +4.6 万円
2017年1月: +2.9 万円

2016年: +49.3 万円
2015年: +40.8 万円
2014年: +82.9 万円
2013年: +140.3万円
2012年: +18.8万円
2011年: -75.2万円
2010年: +47.2万円
2009年: +207.9万円
2008年: +19.9万円

検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
↓お気軽にメールください!

お名前:
メール:
件名:
本文:

2010年4月開設より
メルマガ購読はこちらから
管理人お薦め
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Ninja Tools
フリーエリア